両建(クロスオーダー)理論で億り人へ

資金管理も重要な要素

例えば投資資金が100万円だったとして、

  • 1回の取引で無くなって良い金額は?
  • 1回の取引で増えて欲しい金額は?

このような質問をした場合、本来、同じになるはずなのに、統計を取ると増えて欲しい金額の方が多くなります。当たり前の話ですが、ここに精神的な罠が潜んでいます。

人間は、利益に耐えられず、損失にはとても強いです。

よって利益確定が早くなってしまうのです。本来1/2で動いているので、利益ポイントと損失ポイントは同じであるべきなのに、どうしても利益を早く確定してしまいます。要するに控除率以前の問題で、精神的に勝ちと負けはイーブンではないという事です。

負けてくるとレバレッジを上げて、無理なLotsで取引をする方が多くを占めます。そもそも1万円の利益に耐えられない人が2万円の利益に耐えられる訳も無く、本来、獲得できるPIPS数よりも少ないPIPS数で決済してしまうのが人間の心理です。しかし、損にはかなり人間は耐えることが出来ます。

勝率は重要ではない

勝率は高いに越したことはありませんが、そもそも1/2で動いている為替相場において、多くの場合、勝率を上げるということは何かを犠牲にしています。勝率を上げることで「還元率」(控除率)を犠牲にしていたり、場合によっては本来得られた利益すら犠牲にしていたりします。

取引中に負けたくないから利益を確定する行為が、勝率を上げる行為であり、控除率の観点から言うと、絶対にしてはいけない行為となります。実際に計算すると解ります。

勝敗が同一条件で、勝率が51%あったら、それは聖杯と呼べます。

PAGE TOP